男性にはわからない女性の悩み!セックスの痛みはどうすればいいの

人は何歳から恋を覚えるのでしょうか?
幼稚園だったときに、女の先生のことが好きだったという人。
小学生の頃、隣の席に座っていたあの子が世界の中で一番光り輝いて見えたという人。

恋

中学生や高校生になって、恋心を覚え告白したけれど失敗してしまったという人。
人の数だけ恋があるという言葉はもはや使い古された陳腐な表現かも知れませんが、実際いろいろな人が恋をしてそして結ばれているのです。

実らぬ恋より実る恋は少ない
恋の数が多いならば、実る数が多いように思えますが実際はその逆かも知れません。
実らない恋が人を大きくし、そして新しい恋を招くと言うことは皆さんも経験則でご存じでしょう。

実った恋は大切にしたいもの
でもせっかく実った恋は大切にしたいものです。
くだらない理由から大げんかを繰り広げて、それが原因で別れてしまうという茶番は避けるべきことといえるでしょう。

大げんか

若いときならば別れたり付き合ったりを繰り返していたとしても特に問題は無いのかも知れませんが、実った恋を大切にするという忍耐強さもどこかで身につけなければなりません。

「それは結婚してからでも遅くはない」という考え方が離婚という悲しい結果を招くこともあるのです。

二人の関係を壊さないために
毎日のように恋人と一緒にいるという環境ならいざ知らず、大人の恋となれば週に一回会えれば御の字です。

時々しか会わないからこそ、好きになった頃のことを思い浮かべることが出来るのかも知れませんが長く二人の関係を続けていくためには配慮が欠かせません。

結婚しているわけでもないのに、プライベートをやたら詮索するとか昔のことをほじくり返すというのは配慮に欠けた行動と言えるでしょう。

特に男性は女性がどう考えているかを、それなりに考えて行動する必要があります。

一人で我慢しがちな女性の本音
なぜなら、女性は男性に心配をかけたくないあるいは自分の弱みを握られたくないからという理由で自分の本音を我慢しがちだからです。

我慢

これを言ったら嫌われてしまうのかも知れない、関係が破綻してしまうかも知れないからとずっと心の奥で秘めていることだってあるのです。

セックスの時に痛みを感じる、いわゆる性交痛に関して「彼に伝えたらセックスが出来なくなると勘違いして、別れてしまうかも」と思い悩むのです。

年齢を重ねたらそれなりの覚悟をしなければならないかもしれない
結婚してからも痛みに関わる悩みがつきません。
といいますのも、新婚の頃にはまだからだが若いから良いのかも知れませんが時間が経てば経つほど人間は年を取るからです。

何を言っているのかと思われるでしょうが、人間は年を取れば病気になるリスクが飛躍的に高まります。
特に日本人が気をつけなければならない病気と言われている「がん」は、セックスの際に痛みを伴うことがあります。

結婚してそれなりの時間が経っているのだから、わざわざ痛みに関する悩みを我慢しなくたっていいじゃないか」と男は思うものですが、女性にしてみたら男性にはわからない女性の身体ならではの悩みを自分の夫とは言え男性に話したがらないものです。

大抵「生理だろ?」とか「なんか精神的な物じゃないのか」と、女性の身体をよくよく理解しないままに適当なことをいうのがおちだからと言えるのでしょうか。

男性と女性の差は大きい
セックスは男性にも女性にも平等に行われるべき行為であります。
愛情を確かめるという側面と、新しい命を授かるという側面を持っていますが痛みがあってはどちらの側面も達成することが出来ません。

男性の場合、男性器が外に飛び出しているが故何か炎症が起こしたとか痛みがあるというのであれば即座に調べることが可能です。

ところが女性器は、子宮へとつながる部分であるが故内部に隠されています。

その上、性的興奮を覚える部分と排泄器官と生殖器官の三つで構成されているためどこでどのような痛みが生じまたどのような症状が現れているのかを調べるのは容易なことではないのです。

男性と女性の差が大きいと言うことはよくよくお分かり頂けたかと思います。
だからこそ、セックスの時に痛みを伴うということはすぐに対応すべきことなのです。

一人で抱え込んでしまうよりも、病院でどのような症状が現れているかを洗いざらいお話しして適切な治療を受けることをオススメします。

適切な治療を受ければ治るから怖がらないでほしい
今回は女性にとって悩ましいセックスの時の痛みにまつわる諸症状について原因や治療法などをお話ししていきたいと思います。

サンコードラッグでも販売されている様に、様々な薬が登場し、治療法も確立されてきましたから治すこともそれほど難しいことではなくなってきました。

ただ、早期発見が求められる病気もあるため油断はなりません。